松田龍平のドラマ出演作

  • No Image
    鵜頭川村事件(2021年)櫛木理宇の同名スリラー小説をドラマ化。医師の岩森明と娘の愛子は、行方不明になった妻・仁美を捜しに妻の故郷である鵜頭川村を訪れる。しかし二人の滞在中に大雨で村は外界から孤立してしまう。そんな中、一人の若者が殺される事件が発生。その事件を皮切りに、村では一族間の対立や若者と大人の対立が勃発する。
  • No Image
    大豆田とわ子と三人の元夫(2021年)松たか子演じる“バツ3”の独身女性が、3人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘するロマンティックコメディー。脚本は坂元裕二が手掛ける。大豆田とわ子(松)は、建設会社の社長に就任したばかりのユーモラスでキュートな女性。そんなとわ子を忘れられない元夫を岡田将生と角田晃広、松田龍平が演じる。
  • No Image
    歪んだ波紋(2019年)塩田武士の同名小説を松田龍平主演で映像化。誤報を出してしまった新聞記者・沢村(松田)と大学の同期のネットニュース編集長・三反園(松山ケンイチ)、過去の事件を洗う元記者、子育てに悩む女性記者など、さまざまな“記者”たちの人生模様を家庭の問題なども織り混ぜて描く。ほか、出演は小芝風花、山口紗弥加ら。
  • No Image
    獣になれない私たち(2018年)野木亜紀子の脚本で、新垣結衣と松田龍平がW主演を務める。クラフトビールバーで偶然出会った“心に堅い鎧を着込んだ男女”が、赤の他人だからこそ本音をぶつけ、傷つきながらも自分らしく足を踏み出す姿を描くラブコメディー。等身大の現代女性・深海晶を新垣が、世渡り上手な毒舌男・根元恒星を松田が演じる。
  • No Image
    カルテット(2017年)脚本家・坂元裕二が手掛ける、大人の人間ドラマ。都内のカラオケボックスで偶然出会い、弦楽四重奏団を結成した30代の男女4人の複雑な人間模様を描く。全く性格の違う真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、司(松田龍平)、諭高(高橋一生)の4人は、司の祖父が所有する軽井沢の別荘を拠点に週末、音楽活動を行う。
  • No Image
    眩(くらら)〜北斎の娘〜(2017年)
  • No Image
    営業部長 吉良奈津子(2016年)井上由美子の脚本で、仕事と家庭を大事に、奮闘する“働く女”の戦いを描く。広告代理店でクリエーティブディレクターとして働くキャリアウーマンだった奈津子(松嶋菜々子)は、育児休暇から3年ぶりに職場復帰。会社の状況は一変し、営業に配属された奈津子は会社での自信を打ち砕かれ、やがて家庭も危機に陥る。
  • No Image
    連続テレビ小説 あまちゃん総集編[前](2013年)
  • No Image
    天地人(2009年)永禄7年、越後国上田庄にある坂戸城の城主・長尾政景が、上杉輝虎の参謀と溺死した。家臣たちは輝虎の暗殺かと戦の準備を始めるが、輝虎本人が現れて政景の遺族と対面し、疑いは晴れる。輝虎は、そこで出会った喜平次を見初め養子とし、禅寺・雲洞庵で修行を始めさせる。一方、与六は、喜平次の家臣となるため親元から離され雲洞庵へ預けられる。
  • No Image
    あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜(2008年)死を決意した途端、思いがけない日常に巻き込まれる中年男性の再生を描く。つまらない日々に嫌気が差した元会社員・善男は、11日後に迫る親友の命日に死のうと決心した。そんな中、善男は偶然、キャバクラのスカウトマン・平太と知り合う。話を聞いた平太は、善男の力になると言い出す。
  • No Image
    ハゲタカ(大森南朋主演)(2007年)バブル経済崩壊後。次々と日本企業を買収する「ハゲタカ」の異名を持つ鷲津。そんな彼は、かつて勤めていた三葉銀行の元上司・芝野と再会し、三葉銀行の不良債権をまとめて買いたたき、芝野を驚かせるのだった。後輩・先輩でありながら対照的な道を歩んだ2人は、今後の何度もぶつかることとなる。
  • No Image
    大豆田とわ子を知らない三人の男たち「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジテレビ系)のスピンオフドラマ。中村慎森(岡田将生)、佐藤鹿太郎(角田晃広)、田中八作(松田龍平)が登場するパラレルワールドを描く。本編では、それぞれ職業も違う3人だが、今作ではレストラン「オペレッタ」で日替わりシェフを務め、大豆田とわ子(松たか子)をまだ知らない。
  • No Image
    桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜
  • No Image
    ストレンジャー〜上海の芥川龍之介〜
  • No Image
    話題のドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」まだ間に合う!スペシャルダイジェスト
前へ
  • 1
次へ
プロフィールへ戻る