米倉涼子のドラマ出演作

  • No Image
    女系家族(2005年)
  • No Image
    女系家族(2005年)山崎豊子による原作小説をドラマ化。遺産相続をめぐる凄絶な権謀術数を描く。大阪・船場の老舗木綿問屋「矢島商店」の社長・矢島嘉蔵(森本レオ)が死去。彼の遺言状には、莫大な遺産の配分だけでなく、愛人・文乃(米倉涼子)の存在が記されていた。文乃は、嘉蔵の娘である三姉妹や矢島家と関わる人々と骨肉の遺産相続争いを繰り広げていく。
  • No Image
    ハルとナツ 届かなかった手紙(2005年)1934年、ブラジルと日本に生き別れになった姉妹。姉のハルは両親とともにブラジルへ出稼ぎに。希望を抱いて海を渡るが、現実は非情で一家を完膚なきまでに打ちのめす。一方、病気で船に乗れず日本に残されたナツは、預けられた伯父の家でむごい仕打ちに耐える毎日。それぞれ地獄を生きる姉妹の拠り所は、互いに送り合う手紙だった。
  • No Image
    松本清張 黒革の手帖(米倉涼子主演)(2004年)欲望渦巻く夜の銀座を知性と美貌を武器にのし上がっていく女の生きざまを描く。勤め先の銀行から1億2000万円の横領を企てた元子。架空名義口座リストを記した手帖で銀行側を脅し、まんまと金を手に入れた元子は、波子らをスカウトし、銀座にクラブ「カルネ」を開く。
  • No Image
    武蔵 MUSASHI(2003年)戦国時代末期から江戸時代を駆け抜けた宮本武蔵(市川新之助)が人間の弱さを克服し、自分の道を開拓していく人間像をお通(米倉涼子)との恋や又八(堤真一)友情を中心に描いた大河ドラマ。NHKテレビ放送開始50周年、大河ドラマ40周年記念作品であり、大河ドラマで初めて地上デジタル放送であった。
  • No Image
    愛と青春の宝塚(2002年)
  • No Image
    整形美人。(2002年)海外で全身整形手術を受け、美人へと生まれ変わった女性の恋を描くラブコメディー。醜い容姿を持つ故に愛を得られず、苦悩の日々を送ってきた早乙女保奈美(米倉涼子)は、約800万円をかけて完全無欠の美女に変身。ある日、華道「藤島流」の次期家元・藤島流翠(椎名桔平)と出会い一目ぼれした保奈美は、なりふり構わずアタックを開始する。
  • No Image
    非婚家族(2001年)洋介は菓子メーカーのヤリ手企画部員。ダイエット食品を売り込むために雑誌の編集部を訪れると、編集長としてかつて離婚した元妻・知華子が現れた。久々の再会にも関わらず知華子は商品の悪さを指摘。ほどなく、商品の売れ行きは落ち込み、洋介は営業に左遷。さらに現在の妻・ひかるからは離婚を言い渡される。
  • No Image
    ラブ・レボリューション(Love Revolution)(2001年)優秀な心臓外科医・恭子は、実は真剣に恋がしたいと切望しているのに「デキル女」と男性から敬遠されがち。イタリア旅行から帰る飛行機で腹痛に苦しむシェフ・福田を助けたことから、彼の店に親友のスチュワーデス・真理子とともに出かけることになるが、同席した代議士秘書の吉田も福田も真理子のほうに積極的にアプローチを開始する。
  • No Image
    ストレートニュース(2000年)報道マンの心の葛藤や事件に潜む真実を通して、人間の優しさや温かさを浮き彫りにするヒューマンドラマ。「報道番組は視聴率だけではない」と上司に主張し、海外に飛ばされていた矢島は、低視聴率で残り半年で打ち切りとなったニュース番組「ストレートニュース」のプロデューサーとして、日本に呼び戻される。
  • No Image
    天気予報の恋人(2000年)恋愛下手な男女の嘘から始まる三角関係を描く、ロマンチックラブコメディ。恋愛のスペシャリストとして人気のラジオDJ・唯川幸の声は、実は容姿に自信がなく、恋に奥手なFM局員・祥子が務めていた。祥子は番組ホームページに友人・早知の写真を唯川幸として掲載。それがきっかけで、気象庁に勤めるバツイチの矢野と幸は食事をすることに。が、そこに現れたのは早知と祥子だった。
  • No Image
    ドクターXスペシャル〜復刻版〜
  • No Image
    ドラマスペシャル 氷の華
前へ
  • 1
  • 2
次へ
プロフィールへ戻る