閉じる

木皿泉(きさらいずみ)

  • ニュース

  • 出演情報

木皿泉のプロフィール

出身地
兵庫県
夫婦脚本家ユニット。「やっぱり猫が好き」で世に知られ、「すいか」「野ブタ。をプロデュース」等の作品で高い評価を受ける。第22回向田邦子賞受賞。

木皿泉のニュース

  • 岡田健史が高校球児、南沙良が“ロック大好き少女”を熱演!ショートドラマが全国放送へ

    岡田健史が高校球児、南沙良が“ロック大好き少女”を熱演!ショートドラマが全国放送へ

    2020/08/21 20:45
  • 岡田健史と南沙良が高校生男女の“これっきりの夏”を演じるショートドラマの放送が決定

    岡田健史と南沙良が高校生男女の“これっきりの夏”を演じるショートドラマの放送が決定

    2020/08/04 12:20
  • 木皿泉流!人生を肯定する幸せな“道草”がここにある

    木皿泉流!人生を肯定する幸せな“道草”がここにある

    2017/12/15 17:56
  • Perfume初主演ドラマの主題歌に吉田拓郎「どうしてこんなに悲しいんだろう」

    Perfume初主演ドラマの主題歌に吉田拓郎「どうしてこんなに悲しいんだろう」

    2017/03/31 10:00
  • Perfume×木皿泉のドリームコラボがテレ東で実現!

    Perfume×木皿泉のドリームコラボがテレ東で実現!

    2017/02/28 06:00
  • 片桐はいり、“バアさん”姿で「もっと尺を…」

    片桐はいり、“バアさん”姿で「もっと尺を…」

    2016/11/28 17:55
もっと見る

木皿泉のドラマ出演作

  • No Image
    おやじの背中(2014年)10人の脚本家と10組の俳優が10の物語を紡ぐ、作家性にこだわった一話完結のオリジナルストーリー。10人の脚本家には、井上由美子と岡田惠和、木皿泉、倉本聰、坂元裕二や三谷幸喜と山田太一らが参加。また、それぞれの脚本家が描く物語には、大泉洋、田村正和と松たか子、堀北真希と遠藤憲一が父と息子または娘を演じる。
  • No Image
    昨夜のカレー、明日のパン(2014年)
  • No Image
    Q10(キュート)(2010年)平凡な高校生・平太が人間の姿ソックリのロボット・Q10に恋をする青春学園ドラマ。転校生としてどこかからやって来たQ10のお世話係となった平太は、無知で純粋なQ10とかかわっていく中で、自分が変わっていくのに気づく。
  • No Image
    セクシーボイスアンドロボ(2007年)女好きのロボットオタク・ロボと、七色の声を操る14才の少女・ニコがスパイとなり活躍する痛快冒険活劇。ある日、血まみれの男たちがもみ合うのを目撃したニコは、その興奮を誰かと共有したい気持ちからテレクラに電話し、ロボと出会う。現場に戻ったロボとニコは、大量の領収書とゴミが入った不審な箱を発見。持ち主は、連続殺人犯で三日坊主と呼ばれる3日間しか記憶を保てない男だった。
もっと見る

木皿泉の関連人物

  • No Image

    賀来賢人

  • No Image

    佐久間紀佳

  • No Image

    白石加代子

  • No Image

    片桐はいり

  • 溝端淳平

    溝端淳平

  • No Image

    堀北真希

  • No Image

    高橋克実

  • 市川実日子

    市川実日子

  • No Image

    薬師丸ひろ子

  • No Image

    岡田義徳

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • 第113回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第113回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 連載「Museの素顔」

    第12回は長野美郷が登場連載「Museの素顔」

  • イラストコラム「いつもテレビをみています」

    イラストコラム「いつもテレビをみています」

  • 【冬ドラマまとめ】2023年1月期の新ドラマ一覧

    随時更新中!【冬ドラマまとめ】2023年1月期の新ドラマ一覧

  • =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

    #10 「パリピ孔明」を語る=LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

もっと見る

Q&A

木皿泉の出身地は?
兵庫県です。
木皿泉のプロフィールは?
夫婦脚本家ユニット。「やっぱり猫が好き」で世に知られ、「すいか」「野ブタ。をプロデュース」等の作品で高い評価を受ける。第22回向田邦子賞受賞。