スタスケ

クリスティアン・ティーレマン くりすてぃあんてぃーれまん

出身地
ドイツ連邦共和国

指揮者。音楽愛好家の家庭に生まれ1978年ベルリン・ドイツ・オペラのコレペティトゥーアとしてプロの音楽家人生を歩み始める。ゲルゼンキルヒェン、カールスルーエ、ハノーファーで経験を積み1985年デュッセルドルフ・ライン・ドイツ・オペラの第1カペルマイスターとなる。3年後ニュルンベルクでドイツ最年少の音楽監督となり1997年ベルリン・ドイツ・オペラに戻り音楽監督を7年間務め2004年から2011年までミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督、2012年ドレスデン国立歌劇場管弦楽団首席指揮者を務める。2011年ザルツブルク音楽祭でリヒャルト・シュトラウス「影のない女」の新プロダクションを指揮する。2013年ザルツブルク・イースター音楽祭芸術監督、同音楽祭のオーケストラとなるドレスデン国立歌劇場管弦楽団を指揮する。2011年ロンドン王立音楽院名誉会員を授与、ワイマール・リスト音楽院から名誉博士号を授与された。