成海璃子のドラマ出演作

  • No Image
    下北沢ダイハード〜人生最悪の一日〜(2017年)小劇場シーンの最先端で活躍する人気劇作家たちが集結し、小劇場の聖地・下北沢を舞台に繰り広げる“人生最悪の一日”をテーマにしたパニックコメディー。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結の物語を、11人の劇作家によるオリジナルストーリーで展開する。案内人は、古田新太と小池栄子。
  • No Image
    みをつくし料理帖(黒木華主演)(2017年)シリーズ累計300万部を超える高田都の人気時代小説をドラマ化。NHK初主演の黒木華と、「ちかえもん」(’16年)で江戸時代に生きる人々をユーモラスに描いた脚本家・藤本有紀がタッグを組む。大阪生まれの天涯孤独な少女・澪(黒木)が、料理の腕を頼りに江戸に行き、一流の料理人になるまでの波瀾万丈の人生を描く。
  • No Image
    目玉焼きの黄身 いつつぶす?(2017年)おおひなたごうの同名コミックを、青柳翔主演で実写ドラマ化。誰もが気になる“食べ方”にスポットを当て、食べ方で大げんかするカップルと、その周りを取り巻く個性的なキャラクターたちが繰り広げる日常を描く。田宮丸二郎(青柳)と度々衝突する恋人・みふゆを成海璃子が演じる。ほか、大谷亮平らが出演。MBSでは2017年11月5日スタート(毎週日曜深夜0.50)。
  • No Image
    黒い十人の女(2016年)
  • No Image
    リテイク 時をかける想い(2016年)筒井道隆主演のSFドラマ。法務省の戸籍監理課で、新谷(筒井)らがタイムトラベラーと対峙(たいじ)する姿を描く。戸籍監理課の職員・新谷、薫(成海璃子)、まさ子(浅野温子)は、法務大臣政務官からの極秘指令で、増加する未来人を隔離し保護。さらに、戸籍上存在しない未来人が起こす問題を秘密裏に処理する。
  • No Image
    永遠のぼくら sea side blue(2015年)
  • No Image
    おかしの家(2015年)「水ドラ!」と題してドラマ枠が新設。舞台は東京・下町の駄菓子店「さくらや」。両親を亡くし、祖父母に育てられた太郎(オダギリジョー)が祖母・明子(八千草薫)が営む経営の苦しい「さくらや」を守ろうと奮闘する姿を描く。そんな中、太郎の幼なじみで離婚を機に帰ってきた礼子(尾野真千子)と再会する。
  • No Image
    怪奇恋愛作戦(2015年)“演劇界の鬼才”ケラリーノ・サンドロヴィッチが8年ぶりにオリジナルテレビドラマの脚本・演出を手掛けるホラーラブコメディー。主演はテレビ東京ドラマ初となる麻生久美子。愉快なアラフォー3人娘が恋に仕事に友情に、恐ろしい妖怪や謎の怪奇現象との闘いに、遅すぎた青春を燃やす。共演は坂井真紀、緒川たまき。
  • No Image
    小暮写眞館(2013年)
  • No Image
    平清盛(2012年)武士が貴族の番犬だった時代。実力で覇者に上り詰めた奇跡の男・平清盛の先見的で躍動感あふれる姿を壮大なスケールで描く。本当の親を知らないまま、武士の新興勢力・平氏の下で育てられた清盛は、養父・忠盛と共に海賊退治を行い、一人前のサムライに鍛え上げられる。やがて武士の頂点に立ち日本の覇者となっていく。
  • No Image
    ドン★キホーテ(2011年)ある日突然、泣く子も黙る任侠集団の親分・鮫島の魂と、児童福司の青年・城田の魂が入れ替わってしまう。困った二人は元に戻るまで、お互いのふりをする事に。児童相談所の職員になった鮫島は、任侠心で子供たちを救うハメになり、なぜかみんなのヒーローとなってしまうのだった…。
  • No Image
    BOSS 2ndシーズン(2011年)2年前、対策室は、警視総監誘拐事件の阻止に失敗し、解散させられていた。それから2年、“特別犯罪対策室”の活躍のおかげで出世した野立は、さらなる出世を狙って、ある事件を引き受ける。野立は、アメリカから帰国していた絵里子のもとを訪れ、“特別犯罪対策室”の復活を告げる。絵里子の指揮の下、再びメンバーが集結する。
  • No Image
    ハチミツとクローバー(2008年)美術大学に通う5人の男女の恋と成長を描く。建築科の学生・竹本は、先輩の森田らと貧しくも楽しい大学生活を送っていた。そんな中、大学の教師・花本は竹本らに、今年入学した親戚のはぐみを紹介。竹本ははぐみに恋をする。
  • No Image
    受験の神様(2007年)
  • No Image
    神はサイコロを振らない(2006年)消息を絶った旅客機の乗員、乗客が10年後に帰還、再会を果たした人々の人間模様を描く。‘96年夏に旅客機が乱気流に遭い、姿を消した。航空会社社員・ヤス子は、親友で客室乗務員の亜紀と恋人の副操縦士・哲也を失う。一方、物理学者の加藤は旅客機が必ず戻ると提唱。予定日に飛行機が出現する。
  • No Image
    君が光をくれた(2006年)
  • No Image
    1リットルの涙(2005年)
  • No Image
    瑠璃の島(2005年)過疎の島に、里子に来た都会の少女の成長と、島民のふれあいを描いたヒューマンドラマ。沖縄・鳩海島では、小学校が廃校の危機に立たされていた。島の将来を考え、廃校を阻止したい島民たちは、里子を迎えることに。東京の施設を回り、里子探しを始めた勇造(緒形)は、とある施設で育児放棄された瑠璃(成海)に出会う。
  • No Image
    雨の日
  • No Image
    演歌の女王
前へ
次へ
成海璃子のプロフィールへ戻る