閉じる

浅倉卓弥(あさくらたくや)

  • SNS

浅倉卓弥のプロフィール

誕生日
1966年7月13日
星座
かに座
出身地
北海道札幌市

浅倉卓弥のSNS

  • 『ぜんぶ間違ってやれ』②

    いきなりですが、今回はこの本です。 ぜんぶ間違ってやれ──XXXテンタシオン・アゲインスト・ザ・ワールド (ele-k…

    アメブロ 浅倉卓弥オフィシャルブログ「それさえもおそらくは平穏な日々」Powered by Ameba 89日前

  • 映画『アメリカン・ユートピア』公開

    標題の通り、昨28日金曜から、デイヴィッド・バーンの最新のライヴ映像となる スパイク・リー監督の『アメリカン・ユートピ…

    アメブロ 浅倉卓弥オフィシャルブログ「それさえもおそらくは平穏な日々」Powered by Ameba 120日前

  • 近況のみです

    おそらくは医療現場の逼迫は日々募るばかりなのだろうと 察してあまりある毎日となってしまっておりますが。 普通の日常とい…

    アメブロ 浅倉卓弥オフィシャルブログ「それさえもおそらくは平穏な日々」Powered by Ameba 151日前

  • 『レコードは死なず』②

    そろそろ発売一ヶ月だよなとか思っていたら、 よくよく考えると先月二月だったんですね。 しかも閏ではなく通常の。 いやも…

    アメブロ 浅倉卓弥オフィシャルブログ「それさえもおそらくは平穏な日々」Powered by Ameba 209日前

  • 『レコードは死なず』①

    はたしていったい何がどこへ向かおうとしているのやら。 一年前には市中で、マスクをしていない姿の方が目立ってしまうような…

    アメブロ 浅倉卓弥オフィシャルブログ「それさえもおそらくは平穏な日々」Powered by Ameba 240日前

  • 雑感

    気がつけばもう年末どころか大晦日目前の日付でした。 ここのところ一月の本にすっかり手を取られていたことはそれはそれで本…

    アメブロ 浅倉卓弥オフィシャルブログ「それさえもおそらくは平穏な日々」Powered by Ameba 270日前

『ぜんぶ間違ってやれ』②
2021/06/28 22:33アメブロ

いきなりですが、今回はこの本です。 ぜんぶ間違ってやれ──XXXテンタシオン・アゲインスト・ザ・ワールド (ele-king books)Amazon(アマゾン)1,749〜7,340円刊行は昨年の十一月末なのですがいよいよ出たなと思った途端、 あれよあれよという間に二度目の緊急事態宣言といった予期せぬ展開になりまして ついついここでもちゃんとした紹介をしそびれておりまして ずっと心残りだったのもので改めてやることにしました。 前回書きっぱなしだった記事はこちら(→)。 で、仕切り直してまた多少詳しい中身のことでも書こうかなと。 さて、まずは本書、こんな章立てになっております。 一章 今再びこのアメリカを驚愕せしめん 二章 本当っぽい方がいい 三章 息絶え絶えになお叫びつつ 四章 汝(なれ)は吸血鬼(ヴァンパイア)なるか?    嬰児(みどりご)の我は死と歩む 五章 保護観察 六章 ♯予期せぬ結抹(抹に傍点) 七章 魔女とのまXぐXわXい 八章 歩哨(センティネル)の丘    ──ウィルバー・ウェイトリーと    限りない空虚(ヨグ=ソトース)とともに 九章 ベイビー・イッツ・ユー 十章 ジュネーヴァ 十一章 我痛みを知るより先に朽ち果つるを望む 十二章 死走 ええと、〈〉内はルビだったり、あるいはほかの注記だったりしますので念のため。 で、以上はもちろん浅倉の訳になる訳ですが では原文はどんな具合になっているかというと こうなってます。 Chapter 1 MAKE AMERICA GAPE AGAIN Chapter 2 U LIKE IT REAL Chapter 3 BARELY BREATHING BUT STILL SCREAMING Chapter 4 O TU ETAIS VAMPIRE,       ETE BEBE MOI JE MARCHE MORTE Chapter 5 PROBATION Chapter 6 #UNEXPECTED CONSEQUENCZI Chapter 7 SEXXX WITH WITCHES Chapter 8 UP ON SENTINELL HILL        WITH WILBUR WEATELEY        AND YOG-SOTHOTH Chapter 9 BABY IT’S YOU Chapter 10 GENEVA Chapter 11 I’D LIKE TO BE ROTTED OUT    JUST BEFORE BCUM AWARE OF THE PAIN Chapter 12 RIDE AND DIE ええと、一部のフォントが斜めに置かれていたり、 あるいは鏡文字になっていたり さらにはフランス語のアクサンテギュとかその辺の記号が使われている箇所もそこそこあるのですが、 ワープロでは上手く打てないので割愛させていただいております。 特に四章、O にもETAISにもBEBEにも本当はなんかひっついてますので念のため。 どうか御容赦いただけますよう。 ですからまあ本書正直まず初っぱなに 目次を作っているだけで相当楽しかったんですよ。 フランス語や鏡文字の箇所は極力文語っぽくやってみたり、 あるいはSEXXXという表記のニュアンスを どうやって出そうかとひとしきり首を捻ったり。 あ、もちろんこのXXXはXXXテンタシオンにかけられている訳で だとすると“性交々々”とかよりはこういう方がいいかなあとかずいぶんと考えた記憶もあります。 しかも、扉のレイアウトが続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

映画『アメリカン・ユートピア』公開
2021/05/29 15:18アメブロ

標題の通り、昨28日金曜から、デイヴィッド・バーンの最新のライヴ映像となる スパイク・リー監督の『アメリカン・ユートピア』という作品が劇場公開となっております。 当初は5月1日の公開予定だったものが、緊急事態宣言の関係で延期されていたのだそうで。 何故いきなりこの話題になっているかと申しますと 実は本作の関連で行われた『ローリングストーン』誌でのバーン本人のインタビュー記事を 浅倉が訳させていただいたりしておりまして。 こちらになります。 デイヴィッド・バーンが語る『アメリカン・ユートピア』、トーキング・ヘッズと人生哲学 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン) やや手前みそっぽいですがなかなかに興味深い記事だと思います。 さて、そもそもこの『アメリカン・ユートピア』というのは、同名のアルバム発表に伴うツアーだったものなのですが、 ここがまた、なんともこのデイヴィッド・バーンがいかにもデイヴィッド・バーンたるゆえんでして、 ロックのツアーでは普通はほぼ考えられないようなことなのですが、 奏者全員が舞台を動き回れるというコンセプトの下でステージの全体が構成されています。 しかも、背景やケーブルの類はステージ上には一切なしという徹底ぶり。 ベースとギターはたぶん、スピーカーに無線で飛ばして鳴らしているんだと思うのですが、 ドラムスはいわゆるドラムセットを置く代わりに 複数の打楽器奏者が分担して再現するような形を採り、 さらにはキーボードでさえ首からぶら下げて演奏している。 しかもバーンを含めたバンドのメンバー全員が ブルーアッシュの三つボタンのスーツというお揃いの格好でこれがなんともカッコいい。 そして皆、踊る。 マーチングバンドというのが一番近いイメージなのかなとも思いますけれど、 当然ながらやはり決して行進ではありません。 なるほど、新しいものであることは間違いないなと思わされます。 そもそもこんなことをしようと思いつくところが、 このバーン、やはり只者ではありません。 たぶんそういう斬新さが十分評価されてのうえでのことだったのだろうと思いますが、 この公演、ツアーの後ブロードウェイに移植され 期間中にそれを撮影したのが今回の作品となっている模様です。 僕も本編を観た訳ではまだないのですけれど、 少なくとも予告等でわかるかぎりでは、「ワンス・イン・ア・ライフタイム」の あの痙攣めいたダンスは御年69歳の今になっても健在のご様子です。 そういえばここのラジオではまだトーキング・ヘッズをやっていなかったじゃないかと今更ながら気がついた訳なのですが、 80年代にあの『ストップ・メイキング・センス』での この「ワンス・イン・ア・ライフタイム」の彼のパフォーマンス映像をご覧になった方には、 生涯決して忘れられないものの一つだといっても首肯していただけるかと思いま続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

近況のみです
2021/04/28 21:06アメブロ

おそらくは医療現場の逼迫は日々募るばかりなのだろうと 察してあまりある毎日となってしまっておりますが。 普通の日常というものが姿を消して気づけばもう一年以上も経つのですね。 いや本当、こういう場面で何をどう発言していいものかがいまだによくわからなくて ここもつい、二月近くも更新せず放り出したままにしておりました。 コロナとはきっと一方的に加速するままだったグローバリゼーションだかに対する 地球の側からのノーなのかも知れないなとかいった、やや大袈裟なことを言葉にまとめるでもなく考えたりしながら それでもまあ、個人的には淡々とやれることをやっておるつもりです。 今年2021年は、キャロル・キングの『つづれおり』の発売からちょうど半世紀、つまりは五十年目の節目で 同様にザ・クラッシュの『サンディニスタ!』も発売四〇周年を迎えておりまして、 そんな関連の記事の訳などを先月から今月にかけて少しまとめてやらせていただきました。 ほか、ちょっと驚くような組み合わせの対談なんてのも実は一本やっているのですが、その詳細は別の機会に譲るとして、 中でも一番興味深かったのは本年ジュディ・シルのドキュメンタリー作品が公開予定なのだそうで、 その関連で、彼女を扱ったやや長めの記事を手掛けさせていただいたりもしました。 ちなみに僕自身が彼女を取り上げたここでの記事はこちらになります(→)。 信仰の表出とも響くような言葉たちとゴスペルとまでには行かないにしても 明らかにアメリカナイズされているやはり宗教的美しさを感じさせる音楽と 本人の波瀾万丈の実人生とのギャップに改めて驚かされる内容でした。 いや、彼女についてはずっともっと深く知りたいなと常々思っていたものですから、 今回こういう機会をいただけたことは大変幸運かつ光栄だったと思っています。 拙訳の記事の方も公開になりましたらまたここで改めて御案内させて続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

『レコードは死なず』②
2021/03/01 17:15アメブロ

そろそろ発売一ヶ月だよなとか思っていたら、 よくよく考えると先月二月だったんですね。 しかも閏ではなく通常の。 いやもう、気がつけば先月は一度もここも書かぬまま、三月になってしまってました。 レコードは死なず (ele-king books)Amazon(アマゾン)3,150〜10,395円 とにかくまあおかげさまで、この『レコードは死なず』、 偏った方面でこそありますが、なかなかの好評を博しておりまして。 ですから、レコード屋でならば丸一日だって平気で潰せたという そういった記憶のある方であれば九分九厘かなり楽しめると思います。 アルバムジャケットを棚から引っ張り出していく あのパタパタいう感覚を思い出すこと必至です。 ああ、若い人にはきっと全然わからなくてごめんなさい。 でも本当、外盤屋さんのLPってすっごい独特の匂いがしたんですよ。 あれなんだったんだろうなあ。 さて本書、二段組みで480頁というかなり長めの代物なのですが、 “時々爆笑しながら、二日で読んだ“とか、 “レコードジャンキーにとってのバイブルと呼んで過言ではない” といった、実にありがたくも嬉しい感想に出会えております。 そんで、前回まず版元P-VINEさんの宣伝文から張ろうと思ってつい忘れてしまっておりましたので、 改めてそこから。 こんな感じに紹介していただいてます。 「アナログ盤はメディアではない、 人生そのものである ! 若き日パンクに心酔した僕は いまでは妻子あり貯金無し、 四〇代半ばのフリーランサー、  はたして自分の人生、 これで良かったのか!?  僕の常軌を逸した 究極のレコード探しがはじまった 嘘のような本当にあった話、 “『ハイフィデリティ』の実話版" と 評されたベストセラー!! 序文:ジェフ・トゥイーデイ (ウィルコ) 四十五才の子持ち男の “僕" は、 大手の雑誌で著名人との インタビューなどもこなしているが、 収入はまるっきり不安定。  毎月綱渡りしながら 妻と交代で愛息の面倒をみる日々だ。  何を失くし、どうやってここまできたのかも すでによくわからなくなっている。  ところが取材相手のクエストラヴから、 今まで買ったレコード盤は 全部大事に持っていると聞かされて、 いてもたってもたまらなくなった。  そんなもの、自分はとっくに 売り払ってしまっていたからだ。  そしてカーラジオから流れ出した、 その日二度目の 「リヴィング・オン・ア・プレイヤー」が 心のどこかに火をつけた。  取り戻さなくちゃ。 何を? 何のために?  それすらも定かで続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

『レコードは死なず』①
2021/01/29 00:31アメブロ

はたしていったい何がどこへ向かおうとしているのやら。 一年前には市中で、マスクをしていない姿の方が目立ってしまうような 世の中がやって来ようなどとはさすがに夢にも思っておりませんでした。 確か、なんだか横浜港にコロナだかを乗せたクルーズ船が泊まっているらしいと 戦々恐々とし始めたのがおおよそ一年前のことでありました。 なお収束の見えない日々の中医療従事者の皆様とそして、 日々ライフラインの維持に携わって下さっている皆様に改めて厚い感謝を。 今のところ自身がそういった負担要素にならないことだけが 自分のできることだろうと思って感染対策を怠らぬようにしております。 とはいえそろそろ新刊も出てきてしまいますので 今回はやはり、こっそりここで宣伝だけ多少させておいていただくことにしました。 どうぞ御寛容賜れれば。 実は本日こういうのが発売日になります。 レコードは死なず (ele-king books)Amazon(アマゾン)3,465円 11月の『ぜんぶ間違ってやれ』に続きやはりアメリカの書き手による音楽もののノンフィクションです。 ――いや、だけど。 これがノンフィクションって絶対冗談だよね、というのが、僕の初読の感想でありました。 ちなみに原書の表紙はこんな感じです。 Old Records Never Die: One Man's Quest for His Vinyl and His Past (English Edition)Amazon(アマゾン)1,200円本書、ウィルコというバンドのジェフ・トウィーディーが序文を寄せているのですけれど、 彼も同じようなことを思ったようで、こんな具合に締めていらっしゃいます。 「だからこの本にまつわる一連は、 皆こんな具合にして、 始まるなりすぐ、 どこか胡散臭くなっていくのである。 お読みになればわかる」 本当にまさにこの通りで、だからこのなんともいえない胡散臭さは まあ読んでいただくしか、上手く伝える術がなさそうです。 ネタバレもクソもないのですが、これ、四十半ばの中年男が、 自分が二〇年も前に売り払ったレコードのその現物を取り戻そうというだけのお話です。 いや、仮に思いついたとしても本当にやるか、といった感じはないでしょうか。 でも実際にやってしまうから本にまでなってしまう訳ですが。 しかもこの一連がまあ、なんというか、実に劇的に展開していくんですわ。 もうねえ、こんなこと、もし小説でやったら、 プロットが偶然に頼り過ぎとか絶対相当、強烈に非難されて然るべきだろうというくらい。 コミカルな筆致が得意な方らしいので、どのくらい“盛って”あるかは、結局は穿つより仕方ないのですが、 ボン・ジョヴィの例の出世作『スリップリー・ホエン・ウェット』にまつわってくる諸々なんかは、 そんなの有り得ねえだろうと、ほとんど声に出しそうになりながら 読んだり訳したりしておりました。 でもねえ、そのアルバムを引っ提げて初めての恋人と再会する章なんか続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

雑感
2020/12/30 15:26アメブロ

気がつけばもう年末どころか大晦日目前の日付でした。 ここのところ一月の本にすっかり手を取られていたことはそれはそれで本当ではあるのですけれど、 それにしてもコロナが止まらない。 そうなると、何となくここで本の宣伝ばかりしていていいのかなあという気持ちが どうしても拭えぬままになり、つい更新も疎かにしておりました。 基本的には僕自身も、それから縁あって今一緒に お仕事させていただいている各編集担当者の皆様も そしてもちろん、出版を決定敢行してくださる版元様やその流通にかかわって下さる皆様方も つまるところはその書籍につき合っていい時間を過ごしていただけたらなあと まあそんなところを目標に日々本というものを作っている 少なくとも僕自身はそういうつもりでおるのですが。 しかしながら医療現場の逼迫はたぶん間違いなく現実に級数的に加速していて それはだから、病床数やその使用割合といった指標では最早判断できないであろう 人的資源の領域の方により顕著で、 だって自治体が自衛隊に看護スタッフの派遣を要請するなんて事態は、 ほとんど震災のレベルだよなあとも思うし、 そうはいっても一方で年末年始の予約のために確保していた食材を前に 途方に暮れるほかないような状態は想像するだけで余りある訳でして、 とにかくまあこんな具合に何を書いてもどうしたって まとまりそうにないなあとか思ってしまうものですから ついついここも書けず仕舞いになりました。 目に見えないものとの戦いというのはかくも厄介なのです続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

もっと見る
  • SKE48 最新ニュース&連載まとめ

    SKE48 最新ニュース&連載まとめ

  • 「MADE in KENTA : 僕とアートと君とー」

    個展に向けたアート&エッセイ連載始動!「MADE in KENTA : 僕とアートと君とー」

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    VOL.273 新しい地図が5年目突入!草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 大注目の俳優・中村倫也の魅力をCloseUp

    大注目の俳優・中村倫也の魅力をCloseUp

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    39周年特大プレゼント実施中!「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 「PENTAGON YUTOのヒミツの話」

    新連載始動!「PENTAGON YUTOのヒミツの話」

もっと見る

Q&A

浅倉卓弥の誕生日は?
1966年7月13日です。
浅倉卓弥の星座は?
かに座です。
浅倉卓弥の出身地は?
北海道札幌市です。