本田望結のドラマ出演作

  • No Image
    どうせもう逃げられない(2021年)「プチコミック」(小学館)にて連載された一井かずみの同名漫画を白洲迅主演で実写化。一見チャラくていい加減に見えるデザイン会社社長・拓己(白洲)と、その会社にアルバイトとして採用された、平凡なOL生活に憧れる不器用なほど真っすぐな女の子・なほ(横田真悠)の恋を描くピュア・ラブストーリー。
  • No Image
    バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜(2021年)2017年と2018年に放送され、話題を呼んだシリーズ第3弾。日本の映画やドラマ界に欠かせない田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一を中心に名脇役たち100人以上が本人役を演じる。森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”を舞台に、各局の連続ドラマや映画が一気に集まってしまったことで起きる大騒動の100日間を描く。
  • No Image
    おかえり〜とこわかの町・伊勢〜(2020年)
  • No Image
    こわでん(2020年)
  • No Image
    バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜(2018年)2017年に深夜枠で放送され、大杉漣ら名脇役が共同生活する“おじさんのテラスハウス”として話題を呼んだ「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」の続編。テレビ東京の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになったバイプレイヤーズがなぜか無人島に漂流し、そこで生活することに。
  • No Image
    ドラマスペシャル 探偵少女アリサの事件簿(2017年)
  • No Image
    一千兆円の身代金(2015年)八木圭一の同名小説を原作に、国を巻き込んだ誘拐劇を描いたミステリー。ナオト(香取慎吾)は、元副総理・国武(山田明郷)の孫・真由(本田望結)を誘拐する。声明文を通じ、国の財政赤字額である1085兆円を身代金として要求。悪質な政治犯とにらんだ捜査第一課捜査係・片岡(杉本哲太)らが動き始める。
  • No Image
    警部補・杉山真太郎〜吉祥寺署事件ファイル(2015年)谷原章介がデビュー20周年にして民放ドラマ初主演。谷原は、秘密兵器を駆使する刑事でも変わり者の刑事でもない”人間らしい”刑事・杉山真太郎を演じる。事件解決の爽快さが楽しめるうえに、育児・家事と捜査の両立に努める杉山真太郎の言動が涙と感動を誘う。杉山の長女役に本田望結が出演。
  • No Image
    ドラマスペシャル「陰陽師」(2015年)
  • No Image
    家庭教師が解く!(2014年)
  • No Image
    獣医さん、事件ですよ(2014年)明るくて情に厚く、美女に弱くほれっぽい”寅さん”のような下町の獣医・柴健太郎(陣内孝則)が、母(野際陽子)や娘(吉本実憂)と、身近な事件を解決する。
  • No Image
    ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第2シリーズ(2013年)非常勤外科医が組織に挑む。フリーランスの外科医・未知子が、しがらみに縛られず、実力のみで組織に立ち向かう医療ドラマの続編。帝都医科大学付属病院・本院のカンファレンスに出席した未知子は、決まりかけていた特別患者の治療方針に異を唱える。
  • No Image
    コドモ警察(2012年)人気の子役スターが集結した刑事ドラマ!中身が大人のまま子供の姿になってしまった刑事たちの活躍をコミカルに描く。舞台は神奈川県警察大黒警察署、悪の組織・レッドヴィーナスが独自に開発した特殊ガスによって子供にされてしまった刑事・デカ長ら。彼らは、小学校に通いながら悪の組織逮捕に乗り出す。
  • No Image
    サマーレスキュー〜天空の診療所〜(2012年)標高2000mを超える場所にある山岳診療所を舞台に、医師や看護師たちが悩みながらも成長していく姿を描く。大学病院に勤める心臓外科医・速水圭吾(向井理)は、上司の命令により山の診療所へ赴任することに。そこは薬も機器も足りない、現在医療から切り離された現場だったが、「医療の原点」があった。
  • No Image
    美男(イケメン)ですね(2011年)2009年に韓国で放送された同タイトルドラマのリメイク版。修道院でシスターの修行をしている桜庭美子は、いつも失敗ばかり。そんな美子に、ある日、超人気イケメンバンド「A.N.JELL」のマネージャー・馬淵が突然訪ねて来て、メンバーに加入予定の美子の双子の兄・美男として、メンバーには内緒で一員になってくれないかと頼まれて…。
  • No Image
    家政婦のミタ(2011年)派遣先の家庭の問題を解決していくホームドラマ。母親が亡くなったばかりの阿須田家に派遣されたのは、完璧な家事の腕を持つ家政婦・三田灯。ところが、彼女には感情がなく、いつも無表情。頼まれた仕事は、どんな危険な内容でもやってしまうのだった。
  • No Image
    マルモのおきて(2011年)親友・笹倉が突然病死し、護は葬式に出席。そこで護は、笹倉の双子の子供の対処をめぐって親族が揉める現場を目撃する。一緒にいたいと訴える双子の願いはかなわず、結局二人は別々に引き取られていく。だが、後日、弟の友樹が引受先の家を飛び出し行方不明に。心配した護は、姉の薫とともに友樹を捜索する。
  • No Image
    広域警察(2010年)
  • No Image
    オクトー 〜感情捜査官 心野朱梨〜飯豊まりえ演じる“感情の色”が見える変わり者の刑事・心野朱梨と、正反対のエリート崩れ刑事・風早涼(浅香航大)がバディを組んで事件の真相に迫る“刑事サスペンス”。朱梨は、15年前に自宅に押し入った男に両親を殺害されて以降、目を合わせた相手の感情を色として見ることができるようになる。
  • 少年のアビス
    少年のアビス峰浪りょうの同名漫画を荒木飛羽主演でドラマ化。生まれ育った環境に縛られ絶望の淵にいた高校生・令児(荒木)が、ある出会いをきっかけに生きることは何かと希望を追い求める姿を描く。令児は、憧れのアイドル・青江ナギと出会い、町から解放してくれると直感。だが、ナギが差し出した救いの手は“心中”だった。
前へ
  • 1
  • 2
次へ
本田望結のプロフィールへ戻る