閉じる

大迫傑(おおさこすぐる)

  • ニュース

  • SNS

  • 出演情報

大迫傑のプロフィール

誕生日
1991年5月23日
星座
ふたご座
出身地
東京都町田市
中学校で本格的に陸上競技を始め、駅伝の強豪校・長野県の佐久長聖高校に進学。高校2年生の時に「全国高校駅伝」の最終7区で区間賞を獲得し、チームの初優勝に貢献、3年生では1区間賞を獲得する。その後、早稲田大学へ進学し、「箱根駅伝」では2回の区間賞を獲得、2013年「モスクワ世界選手権」10000m代表にも選出される。卒業後は日清食品グループに入社。2014年「Rieti Meeting2014」3000mで7分40秒09の日本記録を出す。2015年元旦の「ニューイヤー駅伝」で1区区間賞を獲得。同社を3月で退社し、練習拠点であったナイキ・オレゴン・プロジェクトにアジア人史上初めて正式に加入。現在もプロジェクトの下、プロランナーとして活動している。2015年「ナイトオブアスレチックス」の5000mで13分08秒40の日本記録を出し、2016年「リオデジャネイロオリンピック」5000m・10000mに出場、2017年「ボストンマラソン」で2時間10分28秒の記録で3位、「福岡国際マラソン」で2時間07分19秒5の記録で3位に入る。

大迫傑のニュース

  • ティモンディ、初の全国ネット冠番組でトップアスリートのすごさを体感!高岸「人間の可能性は無限大」

    ティモンディ、初の全国ネット冠番組でトップアスリートのすごさを体感!高岸「人間の可能性は無限大」

    2021/02/03 12:00
  • 綾野剛、サプライズゲストに興奮「顔もすごいタイプなんだよね(笑)」

    綾野剛、サプライズゲストに興奮「顔もすごいタイプなんだよね(笑)」

    2020/06/26 10:28
  • 乃木坂46・佐藤楓がナビゲーター初挑戦!「マラソンは厳しいレースの中にも優しさが垣間見える瞬間が好き」

    乃木坂46・佐藤楓がナビゲーター初挑戦!「マラソンは厳しいレースの中にも優しさが垣間見える瞬間が好き」

    2019/07/06 12:00
  • ダウンタウンが総額数億円のお宝に仰天! 岩城滉一の大豪邸を訪問

    ダウンタウンが総額数億円のお宝に仰天! 岩城滉一の大豪邸を訪問

    2018/11/16 17:23
もっと見る

大迫傑のSNS

もっと見る

大迫傑のその他出演作

  • No Image

    成功の遺伝史6(2019年)

  • No Image

    ティモンディのやればできる!42.195〜別府大分毎日マラソン特別編〜

  • No Image

    箱根から東京、そして世界へ 〜大迫傑・設楽悠太 2020年への挑戦〜

  • No Image

    ヤマザキ新春スポーツスペシャル ニューイヤー駅伝2021第65回全日本実業団駅伝

もっと見る

大迫傑の関連人物

  • No Image

    増田明美

  • No Image

    設楽悠太

  • No Image

    服部勇馬

  • No Image

    瀬古利彦

  • No Image

    吉田祐也

  • No Image

    岡本直己

  • 岡田健史

    岡田健史

  • No Image

    神田松之丞

  • No Image

    堂安律

  • No Image

    井上大仁

  • 連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

    #3 濱田めぐみにインタビュー!連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第8回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    VOL.273 新しい地図が5年目突入!草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 「PENTAGON YUTOのヒミツの話」

    新連載始動!「PENTAGON YUTOのヒミツの話」

  • 連載「Museの素顔」

    第2回は望月理恵が登場!連載「Museの素顔」

  • 「MADE in KENTA : 僕とアートと君とー」

    個展に向けたアート&エッセイ連載始動!「MADE in KENTA : 僕とアートと君とー」

もっと見る

Q&A

大迫傑の誕生日は?
1991年5月23日です。
大迫傑の星座は?
ふたご座です。
大迫傑の出身地は?
東京都町田市です。
大迫傑のプロフィールは?
中学校で本格的に陸上競技を始め、駅伝の強豪校・長野県の佐久長聖高校に進学。高校2年生の時に「全国高校駅伝」の最終7区で区間賞を獲得し、チームの初優勝に貢献、3年生では1区間賞を獲得する。その後、早稲田大学へ進学し、「箱根駅伝」では2回の区間賞を獲得、2013年「モスクワ世界選手権」10000m代表にも選出される。卒業後は日清食品グループに入社。2014年「Rieti Meeting2014」3000mで7分40秒09の日本記録を出す。2015年元旦の「ニューイヤー駅伝」で1区区間賞を獲得。同社を3月で退社し、練習拠点であったナイキ・オレゴン・プロジェクトにアジア人史上初めて正式に加入。現在もプロジェクトの下、プロランナーとして活動している。2015年「ナイトオブアスレチックス」の5000mで13分08秒40の日本記録を出し、2016年「リオデジャネイロオリンピック」5000m・10000mに出場、2017年「ボストンマラソン」で2時間10分28秒の記録で3位、「福岡国際マラソン」で2時間07分19秒5の記録で3位に入る。