スタスケ

加藤昌則 かとうまさのり

出身地
神奈川県

東京藝術大学作曲科を首席で卒業、同大学大学院修了。村治佳織、山形由美、宮本益光、奥村愛など、多くのソリストに楽曲を提供し、共演ピアニストとしての評価も高い。2001年CD「SOLO」でデビュー。2005年日本を代表するクラシカルサクソフォン奏者・須川展也からの依頼で、「スロヴァキアン・ラプソディ~サクソフォンとオーケストラのための~」を作曲、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の東京公演で初演される。2006年自身初のオペラ作品「ヤマタノオロチ」、その後も、管弦楽曲「刻の里標石(ときのマイルストーン)」、2012年「福島復興・復活オペラプロジェクトオペラ『白虎』」、2013年管弦楽曲「Legends in the Sky」、2014年連作歌曲「二本の木」、2015年合唱曲「地球をつつむ歌声」など、数多くの楽曲を発表。独自の視点や切り口で企画する公演やクラシック講座などのプロデュース力も注目され、王子ホール「銀座ぶらっとコンサート Caféシリーズ」の企画・ピアノ、東京・春・音楽祭「ベンジャミン・ブリテンの世界」の企画・構成、「日生劇場ファミリーフェスティヴァル」の作編曲・構成、HAKUJU HALL「中嶋朋子が誘う 音楽劇紀行」の音楽監督・ピアノなどを務めている。2016年4月からNHK-FM「鍵盤のつばさ」のパーソナリティーを担当している。2017年10月ソロアルバム「PIANO COLOURS」をリリース。


加藤昌則のSNS