肉体のすきま風

T・ウィリアムズの舞台劇“夏と煙”の映画化。今世紀初めのミシシッピー州の小さな町で、みずからの運命を狂わせていくひとりの青年の姿を描く。