大根と人参

恵まれた家庭をもつ一流商社の総務部次長の人生の歯車が、弟が会社の金を使いこんだことから狂い出す。やがて彼の前にかつての愛人の娘が現われる。小津安二郎の原案による。