若親分千両肌

市川雷蔵の”若親分”シリーズ第8作にして最終作。若親分・南条は他人と間違われ狙撃された。それをきっかけに南条は青柳組の乗っ取り計画を知り、乗っ取り計画を阻止する。