男の勝負 仁王の刺青

破門された浪曲師が、舞台をあきらめ侠客となる。彼が身を寄せた組は、清掃事業の利権をほかの組と争っていた。だが、敵対する組長が彼を気に入り、やがて2人は盃を交わす。