帰らざる夜明け

フランスの田園地帯を舞台に、未亡人と流れ者のひとときの愛を描く。運河のそばの農家に住むクーデルク未亡人は、逃亡犯と思われる男ジャンを雇い入れる。