父ありき

父と息子の、長きにわたる誠実な親子関係を描く。堀川は、不慮の事故で生徒を亡くしたことの責任を取り教師を辞職。息子の良平とともに生まれ故郷へ引っ越す。