パリの灯は遠く

’42年、ナチのユダヤ人弾圧が激化する占領下のフランス。あるユダヤ人と同姓同名なのを知ったフランス人美術商が、横暴なナチから必死でわが身を守ろうとする。