青春の門・筑豊篇(青春の門)

五木寛之の小説を映画化。筑豊の炭鉱で生まれた伊吹信介は、落盤事故で父を失い、気丈な義母に育てられた。彼はさまざまな人と出会い、成長し、やがて上京する。