から騒ぎ

ブラナーが現代的なアプローチでシェークスピア劇に挑んだ意欲作。凱旋中のアラゴンの大公がベネディクトら兵士を引き連れて、領主の館に立ち寄った。