愛の渇き

三島由紀夫の同名小説を映画化した女性心理ドラマ。悦子は夫の死後も杉本家に住み、義父の弥吉と関係をもつように。やがて若い庭師に興味をもち、彼を誘惑する。