恐喝こそわが人生

藤原審爾の同名小説を映画化。恐喝をしてのし上がっていくチンピラを描く。村木は密造酒の取り引きをしていた男をゆすって金をせしめることに成功。味をしめた彼は次々と恐喝を繰り返したが。