下町の太陽

山田洋次監督の劇場長編第1作。化粧品工場で働く町子は、出世に燃える恋人・道男についていけなくなり、工場で働くひたむきな良介に思いを寄せるようになる。