ならず者たち

南北戦争のころ、父と子の争いを描く。ならず者のガルト一家は徒党を組み、西部の町々で暴れまわっていた。ある日、弟が少女を犯そうとし、一家に対立が生まれる。