ボー・ジェスト

男らしく生き、そして果てたいと願った兄弟の姿を描く。恩義のある叔母の苦境を救うため、長兄のボーは宝石泥棒の汚名を着て逃亡。外人部隊に身を寄せるが。