最後の人

ひとりのドアマンの誇り高き心情を描く。豪華ホテルの老齢のドアマンは、重厚な飾りの付いた制服を着て仕事をすることに誇りと生きがいを感じていた。