次郎長意外伝 灰神楽の三太郎

喜劇版”次郎長伝”の第1作。清水の次郎長一家のおマヌケ子分の珍活躍を描く。森の石松にあこがれて次郎長一家に入った三太郎が、親分の使いで伊豆下田の銀兵衛親分のもとに行くことになった。