あゝ陸軍隼戦闘隊

”撃墜王”と呼ばれ、隼戦闘隊を指揮した加藤建夫の生涯を描く。所沢飛行学校の教官だった加藤は、日中戦争で戦闘機隊長として活躍。後に少佐となった彼は、最新鋭機”隼”で南方に進撃する。