にっぽんぱらだいす

喜劇映画の第一人者・前田監督のデビュー作。戦後を舞台に、赤線で働く娼婦たちの姿を、ペーソスを交えて描く。赤線の灯が消えていくもの悲しいラストが印象的。