白い犬とワルツを

T・ケイのベストセラー小説の映画化。孤独な老人と白いイヌとの交流を描く。最愛の妻を亡くした英助は、彼に懐く白いイヌを妻の生まれ変わりだと感じはじめる。