戸田家の兄妹

父を亡くした大家族における親子の関係を描く。父親を失い、残された妻と末の娘。彼女らを冷遇する親類一同に、中国から帰国した次男は怒りをあらわにする。