宮本武蔵

菊池寛の小説を基に、宮本武蔵と佐々木小次郎の対決を描く。父の敵討ちのために武蔵から剣を学ぶ信夫と源一郎。だが、武蔵を狙う小次郎に源一郎が殺されてしまう。