獄門帳

ひとりで罪を背負う男と、彼の無実を晴らそうとする奉行の姿を描く。主人の妻と密通し、主人を殺した罪で入牢する男。だが御牢奉行は、彼を無実だと信じる。