白い船

船に思いをはせる子どもたちとフェリーの船長との心の交流を描く。島根県の小学校に赴任してきた教師の静香。ある日、生徒の好平が海上を動く白い物体を発見する。