死闘の伝説

群集心理により人間性を失う人間たちを描いた社会派ドラマ。太平洋戦争末期、北海道の寒村に疎開した一家の娘は、戦地で残虐行為をした村長の息子との縁談を断る。