朝やけ血戦場

幕末の会津戦争を背景に、人間愛に目覚めていく兵士の姿を描く。官軍に包囲された城から、身重の妻を連れて逃げる孫次郎は、官軍の偵察隊に捕まり、殺されかける。