ふんどし医者

ひたすら庶民のために身をささげる名医の姿を描く。江戸時代。ばくち好きな妻を持つ医師の慶斎は、けんかで重傷を負った半五郎を救うため、腎臓の摘出手術を行う。