いとこ同志

「勝手にしやがれ」「大人は判ってくれない」と並ぶヌーベル・バーグの代表作。性格が対照的な2人のいとこ同士の青年の姿を通して、青春期の悲劇を描く。