大海原を行く渡り鳥

小林旭の代表作”渡り鳥”シリーズ第7作。九州の雲仙高原に流れ着いた滝伸次は、観光事業に絡んで悪事を働く悪党を叩きのめす。宍戸錠に代わって、藤村有弘がライバル”ツブテの竜”に扮する。