夜霧のブルース

菊田一夫の戯曲「長崎」の2度目の映画化。かたぎの娘に恋をしたやくざの幹部が、足を洗おうと決心するが、親分のいやがらせに遭い、親分を刺して娘と逃亡を図る。