博徒対テキ屋

昭和初期、浅草にデパート進出を計画する資本家と伝統的な露店業を営むテキ屋との対立を描く。テキ屋一家の頭の長男は、自分が不義の子だと知り、真の父親を殺して家を出る。