地獄変

芥川龍之介の同名小説の映画化。平安朝時代、時の権力者に極楽図を描くよう命じられた天才絵師。だが、彼は極楽図よりも地獄絵図に固執し、それをかたくなに描きつづける。