ロイ・ビーン

腕にモノをいわせ、法と正義の執行者となった西部の名物男の生涯を描く異色ウエスタン。流れ者のロイ・ビーンは、無法者たちを皆殺しにし、みずからを判事と称する。