しゃったぁず・4

寂れた商店街を活性化しようと立ち上がった人々の悲喜こもごもを描く。母親の死をきっかけに実家の酒屋を継いだ邦夫は、”シャッター街”化しつつある商店街の活性化計画に乗り出す。