少女たちの羅針盤

水生大海の同名小説を映画化したミステリー。地元で撮影中に謎の人物から脅迫を受けた新進女優・舞利亜は、高校時代に友人たちと結成した劇団”羅針盤”で起きた殺人事件を回想する。