オレンジと太陽

英国で1970年まで行われていた”児童移民”の実態を暴いた女性の実話を映画化。社会福祉士マーガレットは、児童養護施設の子供たちが政府によってオーストラリアへ送られた事実を知る。