アンダーカバー

実話を基に、テロ計画阻止のためネオナチグループに潜入したFBI捜査官の活躍を描く。ワシントンでネオナチグループによる爆弾テロ疑惑が発生し、FBIの若手捜査官・ネイトは潜入捜査を命じられる。白人至上主義者・ウルフの情報を収集すべくスキンヘッドにした彼は、ウルフと面識のあるネオナチのビンスの仲間になることに成功する。