タイガー・マウンテン 雪原の死闘

国共内戦時代の中国を部隊にしたアクションスペクタクル。1946年、ツイ・サンイエ率いる武装組織が威虎山を拠点に猛威を振るい、東北地方を選挙していた。共産党軍の203部隊は武装組織を討伐することを決意し、隊員・ヤンをスパイとして敵地に潜入させる。武装組織300人に対し、わずか30人の部隊は、雪原の中死闘を繰り広げる。