フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館

ヨーロッパ最古の近代美術館の一つでもあるウフィツィ美術館の至宝の数々を、超高精細カメラを駆使して撮影した美術ドキュメンタリー。別名“花の都”とも称されるイタリア・フィレンツェ。そこで絶大な権勢と栄華を誇ったメディチ家。銀行業で巨万の富を蓄えたメディチ家は、膨大な資産をバックに、ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ボッティチェリなど、多くの芸術家に絵画や彫刻を依頼。メディチ家歴代のコレクションを収蔵するウフィツィ美術館のほか、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂やシニョーリア広場、国立バルジェッロ博物館などの美術品の数々を作品解説や美しい町の眺望を交えて紹介する。