閉じる

大沢健(おおさわけん)

大沢健
  • 放送情報

  • 出演情報

  • 関連リンク

大沢健のプロフィール

誕生日
1974年12月28日
星座
やぎ座
出身地
東京都
血液型
O型
子役として活動し、1988年映画「ぼくらの七日間戦争」で脚光を浴びる。 その後、数々のドラマ、映画、舞台に出演。ドラマでは、フジテレビ「いつも誰かに恋してるッ」、「いつか誰かと朝帰りッ」、NHK大河ドラマ「徳川慶喜」、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」、WOWOW「坂の途中の家」。映画では「タンポポ」、「超少女REIKO」、「海辺の映画館-キネマの玉手箱-」(大林宣彦監督)。舞台では蜷川幸雄演出「王女メディア」、「ジャンヌ」、「もとの黙阿弥」、「焼肉ドラゴン」、「深夜特急」、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」、ミュージカル「ふたり阿国」、「Same Time,Next Year」や近年、韓国ミュージカル作品「HOPE」、「BLUE RAIN」にも出演。重厚な作品から特技の日本舞踊(花柳流師範・ 花柳恵右衛門)を生かした舞踊劇まで幅広い作品に出演している。

大沢健の放送情報

  • No Image

    第8話 いつか誰かと朝帰りッ

    2022年8月14日(日) 深夜0:00/tvk1

  • No Image

    第3話 アンコールPark KSB 第1部 京都地検の女8 #3 #4

    2022年8月16日(火) 昼1:45/KSB

  • No Image

    第3話 ドラマな時間 その2 相棒VII「沈黙のカナリア」

    2022年8月19日(金) 昼2:48/HTB 北海道テレビ

もっと見る

大沢健のドラマ出演作

  • No Image
    彼が僕に恋した理由(2020年)二人の男性教師の純愛を描いたラブストーリー。東大卒のエリート数学教師・氷川徹(寺西優真)は、新しい赴任先の高校で、ハートの熱い体育教師・赤城真澄(山本裕典)と共にクラスを受け持つことに。赤城は副担任として紳士でピュアすぎる氷川をサポートしていたが、いつしか氷川に対し「好き」という感情が芽生えてしまう。
  • No Image
    明日の君がもっと好き(2018年)市原隼人が恋愛に冷めた造園デザイナー・松尾亮を演じるヒューマンラブストーリー。“人生に一度だけの大切な恋”をテーマに、市川、伊藤歩、白洲迅、森川葵が演じる4人の訳アリ男女の一筋縄ではいかない恋愛模様を描く。姉である茜(伊藤)の元恋人を奪って結婚し、4人の恋路に首を突っ込む妹・梓を志田未来が演じる。
  • No Image
    多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉8(2008年)
  • No Image
    松本清張没後10年特別企画 家紋(岸本加世子主演)(2002年)
もっと見る

大沢健の映画出演作

  • No Image
    SF サムライ・フィクション(1998年)
  • No Image
    ラブ&ポップ(1998年)
  • No Image
    ファンシイダンス(1989年)
  • No Image
    ぼくらの七日間戦争(1988年)
もっと見る

大沢健のVOD

※会員専用のVODが含まれております。VODの視聴には各社のサービスに加入する必要があります。

もっと見る

大沢健の関連人物

  • 吹越満

    吹越満

  • No Image

    宮沢りえ

  • No Image

    亀山千広

  • No Image

    山上賢治

  • No Image

    金田龍之介

  • No Image

    金谷祐子

  • No Image

    小野原和宏

  • No Image

    鈴木雅之

  • 西田ひかる

    西田ひかる

  • 片桐竜次

    片桐竜次

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 連載「Museの素顔」

    第11回は新内眞衣が登場連載「Museの素顔」

  • 連載コラム「テレビお久しぶり」

    連載コラム「テレビお久しぶり」

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

  • イラストコラム「いつもテレビをみています」

    イラストコラム「いつもテレビをみています」

もっと見る

Q&A

大沢健の誕生日は?
1974年12月28日です。
大沢健の出身地は?
東京都です。
大沢健の星座は?
やぎ座です。
大沢健の血液型は?
O型です。
大沢健のプロフィールは?
子役として活動し、1988年映画「ぼくらの七日間戦争」で脚光を浴びる。 その後、数々のドラマ、映画、舞台に出演。ドラマでは、フジテレビ「いつも誰かに恋してるッ」、「いつか誰かと朝帰りッ」、NHK大河ドラマ「徳川慶喜」、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」、WOWOW「坂の途中の家」。映画では「タンポポ」、「超少女REIKO」、「海辺の映画館-キネマの玉手箱-」(大林宣彦監督)。舞台では蜷川幸雄演出「王女メディア」、「ジャンヌ」、「もとの黙阿弥」、「焼肉ドラゴン」、「深夜特急」、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」、ミュージカル「ふたり阿国」、「Same Time,Next Year」や近年、韓国ミュージカル作品「HOPE」、「BLUE RAIN」にも出演。重厚な作品から特技の日本舞踊(花柳流師範・ 花柳恵右衛門)を生かした舞踊劇まで幅広い作品に出演している。