閉じる

逃亡者 RUNAWAY

ドラマ

2004年7月18日-2004年9月26日/TBS

保護監察官・永井は、女医の妻・淳子と息子・陸の家族3人で仲睦まじく生活していた。だが、ある雨の夜、自宅で淳子と陸が何者かに襲われる事件が発生。帰宅した永井が、犯人らしき人物と格闘するもとり逃してしまう。結局、淳子は死亡し、陸も重体に陥る。やがて、警察の現場検証が始まり、奇妙なことに永井に罪を被せるような物的証拠が次々と見つかり、永井は妻殺害の容疑者として逮捕される。

  • あらすじ

  • キャスト・キャラクター

逃亡者 RUNAWAYのあらすじ

第11話 逃亡者 RUNAWAY「真犯人は誰」
2004年9月26日 TBS

淳子(戸田菜穂)殺害の動機が、病院での臓器移植に関連していると知り、永井(江口洋介)は病院に潜入。淳子の部屋で永井の疑いは確信に変わる。だが、国枝(加藤浩次)は永井の無実を知る峰島(阿部寛)、尾崎(水野美紀)の身柄を拘束し、永井を急襲。狙撃班に追い詰められた永井は、ついに手錠をかけられてしまう。そこへ、峰島、尾崎と八木(近藤芳正)が現われる。

詳細を見る
第10話 逃亡者 RUNAWAY「犯人の顔」
2004年9月19日 TBS

永井(江口洋介)らは、田所(田中要次)を操る黒幕の正体を、寸前で知り損ねた。田所の携帯電話の発信履歴をたどり、永井と尾崎(水野美紀)は、田所が宿泊していたというホテルへ。尾崎が田所の泊まっていた部屋に行くと、荒らされた形跡があった。部屋に入る前に同じフロアで見かけた、黒いスーツの男に思い至った尾崎は、永井とともに男を捜しはじめる。

詳細を見る
第9話 逃亡者 RUNAWAY「命の取引」
2004年9月12日 TBS

陸(鈴木宗太郎)を探す永井(江口洋介)は、田所(田中要次)の自宅を捜索するが、自宅はもぬけの殻。一命をとりとめた峰島(阿部寛)も真犯人は田所だと訴えるが、八木(近藤芳正)は聞く耳をもたない。そんな折、永井に田所から電話が。陸を返せと訴える永井に、田所は、その日の夜8時までにある人物を殺せと条件を出す。永井は苦悩するが、ある人物のもとへ向かう。

詳細を見る
第8話 逃亡者 RUNAWAY「因縁の対決・家族のための戦い」
2004年9月5日 TBS

陸(鈴木宗太郎)が何者かに連れ去られ、咲(長澤まさみ)の携帯電話に「『約束の場所』に来い」とのメールが。それを見た永井(江口洋介) はとある倉庫へ急行する。永井は、峰島(阿部寛)が倉庫で待ち構えていると踏むが、倉庫内は携帯電話が鳴っているだけだった。電話は峰島からの着信。峰島は電話に出た永井に、6年前の事件以来抱いてきた恨みを語りはじめる。

詳細を見る
第7話 逃亡者 RUNAWAY「息子の命」
2004年8月29日 TBS

咲(長澤まさみ)の助力で郡司(別所哲也)らのわなを逃れた永井(江口洋介)。手がかりを求めて津留(遠藤憲一)のアパートに侵入した永井は、淳子(戸田菜穂)が殺された日に津留が入院していたことを知り、真犯人が別にいるのではないかと混乱する。その後、永井は伊川(原田美枝子)のもとへ。伊川から、警視庁の保管庫からライフルが1丁消えたとの情報を得る。

詳細を見る
第6話 逃亡者 RUNAWAY「自首」
2004年8月22日 TBS

津留(遠藤憲一)が自殺し、犯人への手がかりを失った永井(江口洋介)は自首を考えはじめる。そんな折、津留の自殺現場を見た尾崎(水野美紀)は永井と接触し、「犯人はほかにいるかもしれない」と本音をもらす。一方、警察と病院が共謀、淳子(戸田菜穂)の葬儀が公開で行なわれることに。さらに警察は陸(鈴木宗太郎)の意識が戻ったとの虚偽情報で永井をおびき出す。

詳細を見る
第5話 逃亡者 RUNAWAY「義手の男〜犯人との対決の時」
2004年8月15日 TBS

真犯人らしき男・津留(遠藤憲一) が北海道にいると知った永井(江口洋介)は、咲(長澤まさみ)の協力を得て北海道に渡ることを決意。だが、咲の携帯電話をたどり、永井の行動をつかんだ捜査陣は、羽田空港を中心に周到な包囲網を敷く。札幌行きの最終便の離陸時間が迫る中、咲が羽田に現われる。一方、峰島(阿部寛)と尾崎(水野美紀)は別の場所で永井を待つ。

詳細を見る
第4話 逃亡者 RUNAWAY「真犯人の罠」
2004年8月8日 TBS

峰島(阿部寛)の推測で、警察は千葉付近に永井(江口洋介)の完全包囲網を敷く。そんな中、永井は峰島に「自分で真犯人を捕まえる」と連絡し挑発。その夜、東京湾での花火大会で永井の目撃情報が相次ぐ。包囲網は完璧だと考える峰島は、永井の陽動作戦だと主張。が、峰島を無視し、国枝(加藤浩次)は捜査員を撤収。包囲網の欠陥を指摘された峰島は、捜査から外される。

詳細を見る
第3話 逃亡者 RUNAWAY「謎の男」
2004年8月1日 TBS

峰島(阿部寛)の発砲で負傷し、瀕死の永井(江口洋介)は、老女・富(菅井きん)に助けられ、一命を取り留める。永井は、素性も聞かず献身的に世話する富のおかげで回復。やがて、殺害された東(尾美としのり)が、永井を逆恨みしそうな人物の調査を興信所に依頼していたことを思い出す。永井は苦心のすえ、東の弁護士事務所に届いていた調査結果のファックスを入手。真犯人の手がかりを得たと来栖(原田芳雄) に連絡する。だが、電話口の来栖に、永井の首に病院が懸賞金をかけたことを知らされる。

詳細を見る
第2話 逃亡者 RUNAWAY「最後の別れ」
2004年7月25日 TBS

逃亡した永井(江口洋介)は息子・陸 (鈴木宗太郎)が入院する病院へ向かう。だが、すでに警察の手が回っていると知り、弁護士・東(尾美としのり)のもとへ。自首を勧める東に永井は、自分の手で真犯人を捕まえたいと協力を要請する。東は永井の気持ちをくみ、自宅にかくまう。一方、刑事の峰島(阿部寛)は、予定されていた永井との接見を東が断わったことから、永井の居場所を確信。東の事務所を訪れる。ちょうどそのとき、東に永井から電話が。峰島は、電話をとった東に永井をおびき出せと命じる。

詳細を見る
第1話 逃亡者 RUNAWAY「無実の罪」
2004年7月18日 TBS

無実の妻殺しの容疑で逮捕された男が逃亡。真実を追究する。保護観察官の永井(江口洋介)は、妻の淳子(戸田菜穂)、息子・陸(鈴木宗太郎)と家族3人で幸せな生活を送っていた。だが、ある日、永井の留守中に淳子が何者かに刺される。帰宅した永井は犯人と鉢合わせるが、激しいもみ合いのすえ逃げられ、淳子は死亡、陸も重体に。失意の淵に突き落とされた永井だったが、刑事・尾崎(水野美紀)らの事情聴取を受けるうち、自分が容疑者として扱われていると気づく。永井は反論し、悲しみを訴えるが、なぜか次々と永井が犯人だと裏付ける物証が出現。完璧な証拠を前に永井は逮捕される。

詳細を見る

逃亡者 RUNAWAYの出演者・キャスト

  • No Image

    江口洋介
    永井徹生役

  • No Image

    阿部寛
    峰島隆司役

  • 水野美紀

    水野美紀
    尾崎カオル役

  • No Image

    加藤浩次
    国枝真澄役

  • 長澤まさみ

    長澤まさみ
    鬼塚咲役

  • 黒川智花

    黒川智花
    藤堂ナツミ役

  • 片平なぎさ

    片平なぎさ
    小野寺千秋役

  • 戸田菜穂

    戸田菜穂
    永井淳子役

  • No Image

    別所哲也
    郡司直巳役

  • No Image

    原田美枝子
    伊川貴子役

もっと見る

逃亡者 RUNAWAYのスタッフ・作品情報

飯野陽子
(脚本)
渡邉睦月
(脚本)
平野俊一
(演出)
山室大輔
(演出)
三城真一
(演出)
吉田秋生
(演出)

キーワード

  • 【秋アニメまとめ】2022年10月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【秋アニメまとめ】2022年10月期の新アニメ一覧

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

    #10 「パリピ孔明」を語る=LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

  • 連載コラム「テレビお久しぶり」

    連載コラム「テレビお久しぶり」

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

もっと見る