閉じる

相棒III

相棒

ドラマ

2004年10月13日-2005年3月23日/テレビ朝日系

大人気刑事シリーズ第3弾。天才的頭脳を持つ杉下右京(水谷豊)と、おひとよしな熱血漢・亀山薫(寺脇康文)という警視庁特命係のコンビが、さまざまな難事件を解決する姿を描く。薫の元恋人の事件記者・美和子(鈴木砂羽)や、右京の元妻で小料理屋のおかみ・たまき(高樹沙耶)との微妙な関係も見どころ。

  • キャスト・キャラクター

相棒IIIのあらすじ

第19話 相棒III「異形の寺」
2005年3月23日 テレビ朝日

薫(寺脇康文)は公園の池で人間の頭がい骨を発見。後日、同じ池から全身の骨も見つかる。復顔法で作成した顔の画像は、尼寺の尼僧・雀蓮(高橋由美子)と瓜二つだった。右京(水谷豊)らは雀蓮に会いにいき、雀蓮に双子の弟がいることを知る。そんな中、歯型から遺体の身元が佐和子(高橋・2役)と判明。捜査一課の調べでは、佐和子は出家して、雀蓮になっていた。

詳細を見る
第18話 相棒III「大統領の陰謀」
2005年3月16日 テレビ朝日

トランクに詰められた女性の死体が見つかった。トランクから以前、殺害された元検事の”殺人鬼”浅倉(生瀬勝久)の指紋が検出される。複数の市民が河川敷のホームレスに紛れていた浅倉がトランクを運ぶ姿を目撃していた。右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、浅倉が身を寄せていたホームレスの集団を訪ねる一方で、聞き込みから浅倉がトランクを運んだルートを探る。

詳細を見る
第17話 相棒III「書き直す女」
2005年3月9日 テレビ朝日

劇作家の武(中丸新将)が殺された。ちょうど武の舞台を観劇していた右京(水谷豊)と亀山(寺脇康文)は事件を聞き、武のマンションへ。右京は、出前のすしを食べた後に殺されたらしい武の部屋に湯飲みがないのが気になる。検死解剖では、注文の品を平らげたはずの武の胃から、なぜかウニとアワビだけが検出されなかった。一方、舞台の主演女優・栗原(高畑淳子)が武と衝突していたことが明らかに。犯行当日、出演者に配られた弁当のすしの中に嫌いなサバがあったにもかかわらず、栗原は弁当を完食したという。

詳細を見る
第16話 相棒III「人間爆弾」
2005年3月2日 テレビ朝日

亀山(寺脇康文)の知り合いの栄一(マギー)が爆弾を装着して現金輸送車を襲撃する。栄一は、何者かに気絶させられた際、爆弾のついた服を着せられ、犯行を指示されたと弁明。亀山の助けでなんとか爆発を免れる。北海道から同僚の塩塚(菅原大吉)と特産品の営業に来ていた栄一は、犯人に心あたりはないという。翌日、同一犯らしき者の脅迫を受け、広告代理店の部長・長橋(山崎大輔)が消費者金融から金を強奪。右京(水谷豊)は指示の出し方から、犯人が意図的に長橋を実行役に選んだのではないかとにらむ。長橋の身辺を調査した右京らは、長橋が数年前に北海道でイベントを手がけていたことを知る。

詳細を見る
第15話 相棒III「殺しのピアノ」
2005年2月23日 テレビ朝日

コンサートを翌日に控えたピアニストの柴(京晋佑)を、調律師の幸田(吹越満)が殺害。遺体を山奥にある柴の自宅付近に遺棄する。柴は殺される直前に妻に電話をかけていたが、遺品から携帯電話は発見されなかった。事件を知った右京(水谷豊)は、柴がコンサートを行なう予定だったホールへ。ピアノの調律が終わっているにもかかわらず、幸田がホールに残っていたことに疑問をもつ。一方、幸田は、事件の夜はずっとひとりで調律をしていたと証言を。そんな中、右京は鍵盤の側面についた血痕を発見する。

詳細を見る
第14話 相棒III「薔薇と口紅・名門殺人学園の美女」
2005年2月16日 テレビ朝日

ファンデーションと口紅を顔につけた男の溺死体が発見された。右京(水谷豊)は遺体発見現場が河口にもかかわらず被害者の肺から海水が検出されないのが気になる。また、遺体の上着には、お嬢様学校で知られる聖ジュリア女学院の生徒手帳の紙片があり、そこには「口紅三本、ファンデーション四箱」との文字が。亀山(寺脇康文)と女学院を訪れた右京は演劇部の使う舞台メーク用の化粧品が被害者の使った化粧品と同じ物だと知る。さらに、手帳を破られたのが演劇部部長の久美子(水谷妃里)だと判明する。

詳細を見る
第13話 相棒III「警官殺し・銃に残された赤い指紋」
2005年2月2日 テレビ朝日

住民の信頼厚い交番勤務のベテラン巡査・長谷川(江藤潤)が銃殺される。右京(水谷豊)は凶器の銃が現場に残っていたことに疑問をもつ。一方、目撃情報から、過去に長谷川に逮捕されたことのある阿部(武野功雄)の名が挙がる。捜査一課の調べでは、阿部は事件の3日前にも長谷川から職務質問を受け逃亡していた。一課は、怨恨による殺害とみて阿部を逮捕する。

詳細を見る
第12話 相棒III「予告殺人・狙われた美人姉妹の謎」
2005年1月26日 テレビ朝日

予告殺人事件が続発し、犯人からの3度目の連絡で、なぜか美和子(鈴木砂羽)が交渉人に指名される。犯人は、次は”サイトウアイ”を殺害すると予告。が、実際には女子大生の佐藤愛(一戸奈未)が襲われる。亀山(寺脇康文)は一命をとりとめた愛を訪問。愛は過去に姉がストーカー事件の犠牲者となったときに真剣に捜査してくれなかったことで、警察に不信感を抱いていた。

詳細を見る
第11話 相棒III「ありふれた殺人・時効成立後に真犯人自首!?」
2005年1月19日 テレビ朝日

20年前に起きた女子高生殺害事件の犯人・小宮山(信太昌之)が自首。小宮山は命を狙われているとおびえていた。一方、報道を聞いた被害者の父・坪井(上田耕一)が犯人を教えてほしいと訪ねてくる。時効が過ぎているため犯人は公表できず、たらい回しにされる坪井に心を痛める亀山(寺脇康文)。そんな中、小宮山が何者かに殺され、情報がもれたと警察内に緊張が走る。

詳細を見る
第10話 相棒III「ゴースト・殺意のワイン」
2005年1月12日 テレビ朝日

人気作家・沢村映子(筒井真理子)の夫の三原(西ノ園達大)が自殺したとの報道が流れる。前日、偶然映子のサイン会を訪れていた右京(水谷豊)は、映子のすべての著書を読破。結婚直後に執筆した唯一の駄作が気にかかる。その作品の中で使われた文章表記には、三原の遺書と一致するものがあった。右京はその作品が自殺の原因ではないかと映子に疑問をぶつける。

詳細を見る
第9話 相棒III「潜入捜査・私の彼を捜して!婚約指輪のイニシャルに隠された殺人メッセージ」
2005年1月5日 テレビ朝日

極左勢力と関係があるとされるIT企業に潜入捜査をしていた公安刑事・森本(小林高鹿)が突然失踪する。特命係の刑事、右京(水谷豊)と亀山(寺脇康文)は失踪の謎を調べるため潜入捜査を。森本の恋人・聡子(吉野きみか)に接触した亀山は、携帯電話に森本の着信があるのを目撃する。一方、警備員として会社に潜り込んだ右京は同僚の葛城(温水洋一)に正体を怪しまれる。

詳細を見る
第8話 相棒III「誘拐協奏曲」
2004年12月15日 テレビ朝日

右京(水谷豊)と亀山(寺脇康文)は著作権法違反の捜査のため、通信販売会社「ネクスト」を訪れていた。そんな中、7年前に失踪した前田前社長(渡辺哲)を誘拐したと何者かが会社に電話してくる。犯人は身代金として5億円を要求。現社長の今井(尾藤イサオ)は単なるいたずらと言い張るが、前田の妻・房江(深浦加奈子)は、夫の命を第一に考えてほしいと訴える。亀山らが金を用意する中、犯人は、その金を海に捨てろと指示。そんな不審な言動に右京は、犯人の狙いは営利目的ではなく会社をつぶすことだと推察する。

詳細を見る
第6話 相棒III「第三の男」
2004年12月1日 テレビ朝日

特命係に警部補の陣川(原田龍二)が異動してくる。元経理の陣川は捜査がしたいと熱望。自宅の向かいに引っ越してきたハル子(遠藤久美子)が指名手配中の強盗犯に似ていると主張する。半信半疑の右京(水谷豊)たちだが、張り込みを開始。ところが、ハル子に接触した陣川がハル子は犯人ではないと言いだし、亀山(寺脇康文)はあきれる。結局、手配犯は捕まりハル子の容疑は晴れるが、右京はハル子の出したゴミ袋から見つかった血痕つきの身の回り品が気にかかる。都内のラブホテルでは、金品目当てで中年男性を狙った連続殺人事件が起きていた。

詳細を見る
第5話 相棒III「女優・後編」
2004年11月24日 テレビ朝日

右京(水谷豊)と亀山(寺脇康文)は殺された脚本家の古谷(深水三章)の家を捜索。古谷の内縁の妻で女優の夕月(羽田美智子)の髪の毛を亀山がトイレで発見する。2階のトイレに入ったことがないという夕月の証言が崩れて亀山は意欲を燃やすが、実は髪の毛は右京が仕組んだ細工と知ってふてくされる。そんな亀山に、右京は2人の戸籍謄本(こせきとうほん)を手に入れてほしいと頼む。

詳細を見る
第4話 相棒III「女優・前編」
2004年11月10日 テレビ朝日

主席監察官の木佐貫(陰山泰)ににらまれ、右京(水谷豊)が免職に。そのころ、亀山(寺脇康文)が勤める麹町東署の管内で、脚本家の古谷(深水三章)が強盗に射殺される事件が発生。特命係の活躍を知る海音寺(竹中直人)は右京を引き入れ、捜査に当たらせる。強盗の手口に疑問を感じる右京は、亀山とともに、古谷の内縁の妻で女優の夕月(羽田美智子)に事情聴取を行なう。

詳細を見る
第3話 相棒III「双頭の悪魔III完結編・悪徳の連鎖」
2004年10月27日 テレビ朝日

右京(水谷豊)らは、政治紙の記者・鹿手袋(西村雅彦)刺傷事件と首相補佐官の死亡事件に関連があるとにらみ捜査を進める。鹿手袋は、代議士の片山(木村佳乃)が官房長官・朱雀(本田博太郎)の愛人で、多額の機密費を手にしていると右京に話していた。右京は、鹿手袋が片山の秘密をつかんだために襲われたと推理する。

詳細を見る
第2話 相棒III「双頭の悪魔II・堕天使」
2004年10月20日 テレビ朝日

前法務大臣・瀬戸内(津川雅彦)が自首してきた目的が判明した。首相補佐官・沢村(春田純一)の死亡事件の捜査は打ち切りとなる。瀬戸内の自首に不審を抱く右京(水谷豊)は、沢村が首相官邸内に仕掛けた盗聴器に気付いた、ゴシップ記者・鹿手袋(しかてぶくろ・西村雅彦)に面会する。

詳細を見る
第1話 相棒III「双頭の悪魔」
2004年10月13日 テレビ朝日

特命係の警部と部下のコンビが事件を解決するシリーズ第3作。 首相補佐官・沢村(春田純一)の遺体が事務所で発見された。第一発見者の官房長官・朱雀(本田博太郎)は、沢村から自殺をほのめかす連絡を受けて現場に向かったところ、すでに絶命していたと証言。ところが、前法務大臣の瀬戸内(津川雅彦)が沢村を殺害したと自首してくる。警部の右京(水谷豊)は瀬戸内に面会。大臣時代、死刑執行を拒んでいた瀬戸内が人殺しをするはずがないと感じた右京は、瀬戸内の意図をくみ、捜査に乗り出す。一方、所轄勤務となった亀山(寺脇康文)は、政治紙の記者・鹿手袋(しかてぶくろ・西村雅彦)が暴漢に刺された事件を追っていた。

詳細を見る

相棒IIIの出演者・キャスト

  • No Image

    水谷豊
    杉下右京役

  • 寺脇康文

    寺脇康文
    亀山薫役

  • 鈴木砂羽

    鈴木砂羽
    奥寺美和子役

  • No Image

    益戸育江
    宮部たまき役

  • No Image

    岸部一徳
    小野田公顕役

  • 津川雅彦

    津川雅彦
    瀬戸内米蔵役

  • 【総力特集】ドラマセレクション

    出演者インタビューや原作も紹介!【総力特集】ドラマセレクション

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    Vol.270更新!草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」SP特集

    8月13日(金)公開!映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」SP特集

  • SKE48 最新ニュース&連載まとめ

    SKE48 最新ニュース&連載まとめ

  • 塩野瑛久の「今日はこれ作ろう」

    レタスクラブ連動の料理企画が始動!塩野瑛久の「今日はこれ作ろう」

もっと見る